70代以降のダイエットのポイントとは?

 

70代以降のダイエットのポイントですが・・・・

 

これは、むしろ無理にはダイエットをしない方がいいかもしれません。

 

一般的にこの年代の方たちは、むしろ腕など全身が細くなってしまっていることが多いです。

 

これは脂肪が落ちたというよりも筋肉がなくなって、骨と皮だけになっているということなのですが、
それでもやはり痩せすぎよりは脂肪でもいいから多少肉がついていた方がいいと言えます。

 

実際、老後はやや小太りな方が長生きするというデータが、
WHOなどの信頼がおける世界の機関によっても出されています。

 

なので、年齢を重ねてきたら、あまり無理にダイエットを考えない方が良いのです。

 

とはいっても、やはり太りすぎはダメですよね。

 

現代では、70歳代では高齢者とは呼べないくらい元気な方が増えていますから・・・。

 

 

ですから、よく言われていることですが、食事のコントロールを一番大事に考えましょう。

 

脂っこい食事ばかりをしたりするのは禁物です。
(しかし、この年代の方々でもまだまだ脂っこい物が好きなの方もけっこう多いんですよね)

 

ですが、血管が弱っていて、
このようなドロドロした食事をすると高血圧になってしまいがちですから、こうしたものは避ける必要があります。

 

つまりは、
無理にダイエットをする必要はないけど、食事の管理は絶対に必要ということですね。

 

栄養バランスをしっかりと考えるのが大変重要なことです。

 

そして、適度に運動をするということも非常に大事です。

 

これももちろんケガをしない程度にですが、
運動をすることによって筋肉が戻ってくるので、それで健康を取り戻すという狙いがあります。

 

年齢が高い方のダイエットの目的は健康であり、体重を減らすことではありません。

 

このあたりを混同している人が多いので、
「年齢が高い方のダイエット」では特にそれに注意する必要があります。

 

 

70歳以上のダイエットで大事なことは・・・

 

「食事のコントロール」と「体に無理な負担をかけない適度な運動」

 

これに尽きるでしょう。

 

そんなことは、分かっているけど・・・・・

 

もう少しやせないと・・・・足腰に負担がかかるし・・・

 

そうですね。太リ過ぎているのは健康にもよくありませんからね。

 

そこで大事になってくるのが基礎代謝量!

 

年齢を重ねるごとにどんどんと落ちてくる基礎代謝量ですが、
基礎代謝の量が低いと消費エネルギー量が減るのでどうしても脂肪がたまりやすい身体になってしまいます。

 

では、この基礎代謝量をあげるにはどうしたら良いか?

 

それは、筋肉量です。

 

筋肉量が多いとそれに伴い基礎代謝量も増加しますので、次第に脂肪は消費されて、体重は減らせます。

 

食べても太りにくい体質に改善していきます。

 

かといって、無理な運動はいけません。

 

まだまだ若い年齢!とはいってもカラダのあちこちに色々とガタが来ている年齢ですから。

 

無理に運動をすると足や腰に負担がかかり、かえってカラダを痛めてしまっては元も子もありません。

 

 

じゃあ、いったいどうしたらいいの?

 

 

高齢での太ったカラダは、足腰にも負担がかかりますし、内臓にとっても良いことはありません。

 

健康面、美容面、無理なく続けられるかどうか? などを考慮した場合、

 

やはり、これが一番いいでしょうね。

 

喜びの声も続々届いてます。ご覧になってみてください。

 

 

 

そして、もっと、本格的にやりたいのでしたら、
楽して、筋肉量を増やせるかもしれませんし、腰痛や肩こりにも効果がある。といわれている

 

こちらを試してみる。当サイトのトップページへどうぞ